ABOUT FUTSAL/フットサルについて

フットサルと11人制サッカーの違い

  FUTSAL SOCCER
ピッチサイズ 20m×40m 68m×105m
ピッチ表面 木、人工材質
ゴールサイズ 2m×3m 2.44m×7.32m
ボール 4号球 ローバウンド 5号球(U-13以上)
競技者の用具 体育館用シューズ スパイク
競技者数 5人 11人
交代

自由

ピッチ内の5人とベンチの交代要員(最大7人)が、いつでも入れ替わることが出来る
アウトオブプレーの時審判の承認を得て交代は3人まで。
試合時間 20分ハーフ(プレーイングタイム) 45分ハーフ(ランニングタイム)
タイムアウト 各チーム前後半1回ずつ1分間のタイムアウトを要求できる。ベンチに帰って休憩をとり、戦術の確認ができる。(延長戦ではタイムアウトはない) 無し
プレーの再開

ボールがタッチラインを超えたときはキックインで再開する。

攻撃側がボールをゴールラインから出したときは、ゴールキーパーがペナルティーエリア内から手で投げて再開する。
ボールがタッチラインを超えたときはスローインで再開する。
攻撃側がボールをゴールラインから出したときはゴールキックで再開する。
レフェリー 主審 + 第2審判+第3審判+タイムキーパー(主審、第2審判とも笛を吹くことができる) 主審 + 副審2+第4の審判(主審は笛、副審は旗を持つ)
時間の計測 タイムキーパーがインプレーの時間のみを計測する(プレーイングタイム) 主審が試合開始から終了までの時間を計測する(ランニングタイム)
オフサイド 無し 有り
ファウル

フィジカルコンタクトの反則の基準はサッカーと同じ。

直接フリーキックで罰せられる反則の数を、チーム毎に数えて累積する。各チーム6つ目以降の反則を犯すと、第2ペナルティーマークから壁無しの直接フリーキックが相手チームに与えられる。(5つ目までは反則のあった場所からの直接フリーキックかペナルティーキックで再開する。)

反則のあった場所からの直接フリーキックかペナルティーキックで再開する。

スライディングタックルはファウルではない。

反則の数は数えない。
退場後の補充 チームは、その選手の退場後に失点するか、2分が経過するとベンチから選手を補充できる。 補充できない
GKへのパス GKが保持したボールを離す、もしくはボールをパスした後、相手が触れるか、ピッチの相手側ハーフ内でなければ、GKは再びボールに触れられない。触れると相手チームの間接フリーキックとなる。 味方競技者から足で蹴られたパスは、手で触れられない。手で触れると相手チームの間接フリーキックとなる。
GKの違反 インプレー時、GKは自陣では手、足を問わず4秒間しかボールを保持できない。保持してから4秒経過すると相手チームに間接フリーキックが与えられる。 GKが手でコントロールしたボールを離した後は、他の競技者がボールに触れない限り再び手で触ることは出来ない。
4秒ルール

アウトオブプレー時のキックイン・ゴールクリアランス・コーナーキック・フリーキックは4秒以内に行わないと相手ボールとなる。

  • キックイン→相手のキックイン
  • ゴールクリアランス→相手の間接フリーキック
  • コーナーキック→相手のゴールクリアランス
  • フリーキック→相手の間接フリーキック
無し