OFFICIAL COMPETITION/主催大会

GAViC CUP ユースフットサル選抜トーナメント

 

ユースフットサル選抜トーナメント

NEWS & TOPICS

大会概要
名称 GAViC CUP ユースフットサル選抜トーナメント2017
期日 2017年3月28日(火)~30日(木)
会場 墨田区総合体育館(東京都)
主催 一般財団法人日本フットサル連盟
共催 特定非営利活動法人サロン2002
後援 公益財団法人日本サッカー協会、一般社団法人北海道フットサル連盟、東北フットサル連盟、関東フットサル連盟、北信越フットサル連盟、東海フットサル連盟、関西フットサル連盟、中国フットサル連盟、四国フットサル連盟、九州フットサル連盟
主管 公益財団法人東京都サッカー協会、東京都フットサル連盟
特別協賛 GAViC(株式会社ロイヤル)
オフィシャル
ゲームボール
株式会社ミカサ
協力 株式会社シックス
参加資格
  • 本大会の参加チームは次のいずれかの要件を満たしていること。
    (1) 一般財団法人日本フットサル連盟(以下、「本連盟」という。)に加盟承認された単独チームであること。
    (2) 本連盟に加盟承認された都道府県フットサル連盟の選出チーム(以下、「選抜チーム」という。)であること。
  • 選抜チームは、都道府県フットサル連盟に加盟するチーム(以下、「加盟チーム」という。)3チーム以上から選抜された選手により構成されたチームであること。
  • 参加チームの選手は、公益財団法人日本サッカー協会(以下、「日本協会」という。)に、「サッカー2種または3種」、「フットサル1種、2種または3種」の種別で加盟登録されたチームに所属する1998年4月2日以降、2004年4月1日以前に生まれた選手であること。男女の性別は問わない。
  • 外国籍選手は1チームあたり3人までの登録を認める。
  • 地域大会において、選手は他のチームで参加していないこと。
参加チームとその数
    【次の各号により選出された12チーム】

  1. 9地域フットサル連盟から各1チーム
  2. 開催地から1チーム
  3. 前年度優勝チーム所属地域から1チーム(北信越地域)
  4. 前年度準優勝チーム所属地域から1チーム(関東地域)

  5. 【出場枠数】

  • 北海道地域  1チーム
  • 東北地域   1チーム
  • 関東地域   2チーム
  • 北信越地域  2チーム
  • 東海地域   1チーム
  • 関西地域   1チーム
  • 中国地域   1チーム
  • 四国地域   1チーム
  • 九州地域   1チーム
  • 開催地(東京都)  1チーム    計12チーム
大会形式
  1. 1次ラウンド:12チームを4チームずつ3グループに分けてリーグ戦を行い、各グル―プ1位チームと各グループ2位チームのうち成績上位1チーム(計4チーム)が決勝ラウンドへ進出する。
  2. 順位は、グループ内の勝点合計の多いチームを上位とする。勝点は、勝ち3、引分け1、負け0とする。ただし、勝点合計が同じ場合は、以下の順序により決定する。
    (1) 当該チーム内の対戦成績
    (2) 当該チーム内の得失点差
    (3) 当該チーム内の総得点数
    (4) グループ内での総得失点差
    (5) グループ内での総得点数
    (6) 下記に基づくポイント合計がより少ないチーム
      (ア) 警告1回  1ポイント
      (イ) 警告2回による退場1回  3ポイント
      (ウ) 退場1回  3ポイント
      (エ) 警告1回に続く退場1回  4ポイント
    (7) 抽選
  3. 1次ラウンドの各グループ2位チームのうち、決勝ラウンドに進出する1チームは、以下の順序により決定する。
    (1) 勝点合計
    (2) 得失点差
    (3) 総得点数
    (4) 抽選
  4. 決勝ラウンド:4チームによるノックアウト方式で行う。3位決定戦は行わない。
競技規則 大会実施年度の「フットサル競技規則」による。
競技会規定
    以下の項目については、本大会で規定する。

  1. ピッチ
    原則として、40m×20m
  2. ボール
    試合球:MIKASA社製フットサル4号ボール
  3. 競技者の数
    競技者の数:5名
    交代要員の数:9名以内
    ピッチ上でプレーできる外国籍選手の数:2名以内
  4. チーム役員
    チーム役員:4名以内
  5. 競技者の用具
      (1) ユニホーム
    • フィールドプレーヤー、ゴールキーパーともに、色彩が異なり判別しやすい正副のユニフォーム(シャツまたはジャージー、パンツ、ストッキング)を参加申込書に記載し、各試合には正副ともに必ず携行すること。
    • チームのユニフォームのうち、シャツまたはジャージーの色彩は審判員が通常着用する黒色と明確に判別しうるものであること。
    • フィールドプレーヤーとして試合に登録された選手がゴールキーパーに代わる場合、その試合でゴールキーパーが着用するシャツまたはジャージーと同一の色彩および同一のデザインで、かつ自分自身の背番号のついたものを着用すること。
    • パワープレーを行うチームのフィールドプレーヤーのジャージーまたはシャツは、自チームのゴールキーパーと同一の色、デザインとする。
    • シャツまたはジャージーには、参加申込書に登録した選手番号を付けること。ショーツにも選手番号を付けることが望ましい。選手番号は服地と明確に区別し得る色彩であり、かつ判別が容易なサイズのものでなければならない。
    • 選手番号については1から99までの整数とし、0は認めない。1番はゴールキーパーのために用意される。
    • ユニフォームへの広告表示については、日本協会「ユニフォーム規程」に基づき承認された場合のみこれを認める。ただし、ユニフォーム広告表示により生じる会場等への広告掲出料等の経費は、当該チームにて負担することとする。
    • ユニフォームの色、選手番号の参加申込締切日以後の変更は認めない。
    • その他のユニフォームに関する事項については、日本協会のユニフォーム規程に則る。
    (2) 靴
    • フットサル用シューズのみ使用可能する。ただし、本大会会場の利用規定により靴底の接地面が飴色、白色もしくは無色透明以外の色はノンマーキングシューズであっても使用できない場合がある。
    (3) ビブス
    • 交代要員は、競技者と異なる色のビブスを着用しなければならない。
  6. 試合時間
    30分間(前後半各15分間)のプレーイングタイムとし、ハーフタイムのインターバルは7分間(前半終了から後半開始まで)とする。
  7. 試合の勝者を決定する方法(試合時間内で勝敗が決しない場合)
    • 1次ラウンド:引き分け
    • 決勝ラウンド:PK方式により次回戦進出チームおよび優勝チームを決定する。PK方式に入るまえのインターバルは1分間とする。
組合せ・
試合スケジュール

スポーツ振興基金助成事業